• TOP > 
  • 海外/K-POP > 
  • ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

日本初放送!!息をのむような90秒の驚愕のステージ!視覚的にも最先端の技術を駆使した、究極のエンタテイメント・ステージバトルが繰り広げられる!

日本初放送

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

2014 アメリカ 日本語字幕版 話 時間 HD

Onair Schedule
オンエアスケジュール

6月
2017 June

#5
3(土)14:00- /4(日)12:00-
#6
10(土)14:00- /11(日)12:00-
#7
17(土)14:00- /18(日)12:00-
#8
24(土)14:00- /25(日)12:00-

番組表はこちらから
時間はたったの90秒!短い時間の中で、壮大なエンタテイメント・ショーを披露する、究極のステージバトルが誕生した。優勝賞金はなんと10万ドル。10グループがダンス・演劇・アクロバット・ブラックライトなど、さまざまな手法を駆使してショーを披露し、最低スコアを取ったグループは脱落となる勝ち抜き戦が繰り広げられる。ショーはただのショーではなく、最新の演出技術が施され、視覚的にも見事な特殊効果が満載。

審査員には、『glee/グリー』のマイク役で一躍スターとなり、振付師、ダンサーとしても活躍するハリー・シャム・Jr。そしてTLCの元メンバーのレゾンダ・トーマス(チリ)、ブロードウェイのライオンキングやシルク・ドゥ・ソレイユのLOVEに携わった、舞台美術のマイケル・カリーの3名が名を連ねる。ハイセンスな彼らの厳しいジャッジをくぐり抜け、ショーの頂点に輝くのはどのグループか?

Cast
出演

演出:マイケル・A・サイモン  製作:ジェームズ・サンダーランド
MC:ロバート・ホフマン
審査員:ハリー・シャム・Jr(歌手、俳優、振付師、ダンサー)、レゾンダ・トーマス[チリ](歌手)、マイケル・カリー(舞台美術)

出演チーム

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

1.ボディ・ポエッツ(From サンディエゴ)
ブレイクダンスチーム

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

2.ウィルダビー(From ロサンゼルス)
リアルタイム映像と双方向のダンスチーム

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

3.アーキドリーム(From フィラデルフィア)
ブラックライトを使った仮面劇グループ

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

4.インスピラティ(From デンバー)
影絵ダンスグループ

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

5.プッシュ・フィジカル・シアター(From ロチェスター)
フィジカル表現グループ

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

6.フリーリュージョンUSA(From ロサンゼルス)
双方向型3Dダンスチーム

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

7.クリステフ・ストライクス・バック(From ラスベガス)
サーカス団員チーム

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

8.ライトワイヤー・シアター(From ニューオーリンズ)
ELワイヤーグループ

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

9.YFX(From デトロイト)
人形芝居とマイムとダンスの融合

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

10.ヴァーシズ(From ロサンゼルス)
現代的な影絵グループ

Episode
番組内容

#1 

優勝を目指して10チームで競い合う、新しいステージバトルがスタートする!第1回目の今回は最初の5チームが出場する。5チームそれぞれに、“ゲーム革命”、“タイタニック”、“テレビドラマ”、“テレビアニメ”、“スーパーボウル”といったテーマが与えられ、自分たちの得意な影絵やブラックライトなどを使い、テーマを最大限に表現する。テーマが自分たちの得意分野ではなく苦戦するボディ・ポエッツ。審査員と会場から大絶賛を受けるウィルダビー。点数は次のバトルへと累積されるため、毎回、気の抜けないバトルとなる。

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1 ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

#2 

今回は後半の5チームが出場する。今回のテーマは、“西部劇”、“ホラー映画”、“地域ニュース”、“SF映画”、“冬季オリンピック”。最先端のプロジェクション・マッピングや、昔ながらのサーカス団の体の柔軟さやバランス感覚をいかしたものが登場する。しかし、各チームはテーマを表現するため苦戦を強いられ、直前の変更に対応しきれず、審査員から痛いところを指摘されて落ち込む出場者も。一方、ライトワイヤー・シアターは、難しいテーマを、ユーモアを交えて表現し、審査員から絶賛される。

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

#3 

#1の5チームが前回の得点を引き継ぎ、再度、新たなテーマを与えられてバトルを行う。今回のテーマは、“ラブロマンス”、“アクション映画”、“リアリティ番組”、“ファンタジー映画”、“ゲーム番組”。前回、最下位だったボディ・ポエッツは、ここで負けると脱落となるため、必死に取り組む。また、アーキドリームも安心できる得点ではないため、前回、問題点を指摘された部分を中心に改善に取り組む。前回、大絶賛だったウィルダビーは、得意のCGを使うが予想外の苦戦が待っていた。

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1 ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

#4 

#2の5チームが、新たなテーマを与えられ戦う。今回のテーマは、“超自然”、“月面着陸”、“パニック映画”、“天気予報”、“刑事ドラマ”。ライトワイヤーは、今回も与えられたテーマに対し、想像を超えた表現で審査員から絶賛される。また、前回、苦戦をしたフリーリュージョンは、前回の反省点を踏まえて入念に準備をし、観客から大喝采を得る。一方、クリステフは思うように点数が伸びず審査員からも改良が必要だと言われてしまう。

ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1 ステージバトル・オブ・アメリカ シーズン1

#5 6月ONAIR

今回からは、一度点数をゼロに戻し、今までのグループはバラされて新たなチームと対戦することになり、今回は4チームがバトルを行う。テーマは、“夏季オリンピック”、“エジプトの興隆”、“スーパーヒーロー”、“シットコム”。最新のプロジェクション・マッピングを駆使するフリーリュージョンに対し、段ボールで作った道具やブラックライトで挑むアーキドリーム。一方、プッシュは与えられたテーマに自分たちの強みがどう活用できるのか、自信がないまま本番を迎える。

#6 6月ONAIR

今回のバトルでも、1チームが脱落となる。今回の4つのテーマは、“ビッグバン”、“第二次世界大戦”、“ワイドショー”、“ギャング映画”。今までのバトルで審査員から絶賛されていたライトワイヤーは、今回は難しいテーマの“ビッグバン”をどう表現するのか苦戦する中、メンバーにアクシデントが。また、ボディ・ポエッツは、初回に酷評されたものの、前回に引き続き、進歩していると審査員から称賛される。一方、クリステフは今回も思うように点数が伸びずに落ち込む。

#7 6月ONAIR

今回は準決勝で勝ち抜いた6チームの直接対決。2チームが脱落する。今までは番組からテーマが与えられていたが、今回は自分たちでテーマを決める。 各チームが選んだテーマは“海賊”、“ゲーム”、“子供たちの悪夢”、“ミス・コンテスト”、“美術品”、“死ぬまでにやりたいこと”。今までより審査基準は上がり、彼らは自ら選んだテーマを表現することができるのか。 ボディ・ポエッツは、自分たちは完璧に近いと自負していたが、審査員から厳しい意見を言われて落ち込む。

#8(最終話) 6月ONAIR

いよいよ決勝戦。全米一のフェイカーの称号と賞金10万ドルをかけて、4チームが競う。 今回は、番組からテーマとして“1980年代”、“1910年代”、“2000年代”、“1970年代”の4つの年代がテーマとして与えられる。それぞれの年代を、社会背景、流行した音楽、衣装などで表現し、審査員と観客をタイムスリップさせる。 決勝戦にふさわしく、個性を出しつつ、テーマを最大限表現する熱いバトルが繰り広げられる。

Youtube
動 画


(C) 2014 truTV. A Time Warner Company

Pickup
おすすめ番組